作品作りの道具

キヤノンの標準レンズで撮影の幅を広げよう!

ひなもん

こんにちは!EOSで撮る風景写真 のブログを運営しているfujiです。

標準レンズとは?

標準レンズは、広角レンズと望遠レンズの中間に位置するレンズです。

特に標準の定義が決まっている訳ではありませんが、人の視野に近いという意味でフルサイズ(換算)で50mm程度のレンズを標準レンズと称することが多いようです。

各メーカーで品揃えに力を入れていて、50mm F1.8 といったスペックのレンズは撒餌レンズ等とも呼ばれ、安価で高画質のレンズとして紹介されることが多いです。

キヤノンの標準レンズによる作例紹介

暗いイベントスペース

CANON EOS 6D + EF50mm F1.4 USM

F1.4の明るい単焦点レンズを使うと、室内の暗い空間でも撮影を楽しむことが出来ます。

開放F値の小さなレンズは必要以上の高感度による画質低下を避けられます。

石見神楽

CANON EOS 6D + EF50mm F1.4 USM

標準レンズの撮影範囲は人間の視野に近く、見た目に近い雰囲気の撮影ができます。

F値を小さく設定することが出来、動きの激しい被写体でもブレずに撮影し易いというメリットがあります。

カラフルなバラの花と少女の置物

CANON EOS 6D + EF50mm F1.4 USM

モノトーンの少女のの置物と原色系のバラの花。

ちょうど、少女の顔とバラの花にピントが合うように意識しました。

ピントが合う範囲を狭くすることで見せたいところに視線が行くように意識しました。

キヤノンのおすすめ標準レンズ

私が使っているキヤノンのものを中心におすすめの標準レンズをご紹介します。

標準レンズは、フルサイズのセンサーを搭載したカメラに対応したRFレンズまたはEFレンズをおすすめです。

また、EF-Mレンズでも十分に楽しむことができます。

 

山口県防府市「毛利庭園」
キヤノンの標準ズームレンズで風景写真を撮影してみよう!標準ズームの解説をした上で、Canonの標準ズームレンズを用いた作例やキヤノンの代表的なレンズをご紹介します。...
カメラレンズ
風景写真撮影におすすめのCanon交換レンズの選択ガイド風景写真を撮影するのにおすすめのCanonの一眼レフカメラ交換レンズについて標準ズーム、望遠ズーム、広角ズーム、単焦点レンズ、マクロレンズ、超望遠レンズなどの解説をしています。...