作品作りの道具

キヤノンの標準ズームレンズで風景写真を撮影してみよう!

山口県防府市「毛利庭園」

こんにちは!EOSで撮る風景写真 のブログを運営しているfujiです。

このページでは写真撮影で一番使用頻度の高い標準ズームレンズについて、私が使っているものを中心にご紹介していきます。

標準ズームレンズとは?

カメラを買う際、キットレンズとして付いてくることが多いのが標準ズームレンズです。

焦点距離50mmを中心とした領域をカバーするズームレンズで、一般的な撮影であれば、標準ズームレンズのみで広く対応することができます。

私が使っているキヤノンのレンズを中心にご紹介します。

キヤノンの標準ズームレンズによる作例紹介

鉄道風景

山陰本線 | 飯井駅俯瞰CANON EOS 6D + EF24-105mm F4L IS USM

この作例では58mmの標準域で鉄道風景を撮影しています。

鉄道風景は木々の隙間から撮影するような事も多いので、ズームを使って構図を上手く調整する必要がある場合が多くあります。

南東に向かって撮影する感じになので、日が西に傾きかける時間帯を狙って撮影しました。

街並み

山口県 | 祝島の町並みCANON EOS 6D + EF24-105mm F4L IS USM

この作例は24mmの広角域まで引いて狭い路地を撮影しています。

標準ズームレンズは広角側が24mm~、28mm~、35mm~等のバリエーションがあります。24mmから撮れるとかなり広角よりの撮影ができるので便利です。

水辺の風景

漁港の朝CANON EOS 6D + EF24-105mm F4L IS USM

海沿いを散策中に船があり、横に日の光が差し込んでいました。

焦点距離を24mmとし、光芒を意識してf16まで絞って撮影してみました。

標準ズームレンズで広角端付近でf11以上に絞って点光源を撮ると放射状の光芒を写すことができます。

夕景

海岸沿いの風景CANON EOS 6D + EF24-105mm F4L IS USM

 

こちらは海岸沿いから海に入って作業をされている人をシャドーとして捉えています。

望遠側105mmで撮影しました。

24-105mmのレンズは広角~中望遠域をカバーでき、一本で幅広い撮影に対応できます。

キヤノンのおすすめ標準ズームレンズ

私が使っているキヤノンのものを中心におすすめの標準ズームレンズをご紹介します。

標準ズームレンズですが、フルサイズのセンサーを搭載したカメラに対応したRFレンズまたはEFレンズをおすすめです。

また、EF-SレンズまたはEF-Mレンズでも十分に楽しむことができます。

おすすめ

センサーサイズがフルサイズに対応したRFレンズまたはEFレンズをおすすめです。

最初に頑張って良いレンズを買うと、プロの方々が使わるこちらのレンズが長く使えます。

入門編

予算を低く抑えたい、気軽に楽しみたいという方にはEF-SレンズまたはEF-Mレンズがおすすめです。コンパクトで軽いというメリットもあります。

 

ひなもん
キヤノンの標準レンズで撮影の幅を広げよう!Canonの標準レンズで撮影した様々な被写体の写真を紹介しています。 ...
カメラレンズ
風景写真撮影におすすめのCanon交換レンズの選択ガイド風景写真を撮影するのにおすすめのCanonの一眼レフカメラ交換レンズについて標準ズーム、望遠ズーム、広角ズーム、単焦点レンズ、マクロレンズ、超望遠レンズなどの解説をしています。...