作品作りの道具

キヤノンの標準ズーム RF24-105mm F4 L IS USM の作例付レビュー

RF24-105mm F4 L IS USMCanon EOS R6 + EF24-105mm F4L IS II USM

こんにちは!EOSで撮る風景写真 のブログを運営しているfujiです。

キヤノンの EOS R シリーズのミラーレス一眼カメラを持っている人が最初に入手することが多いレンズがRF小三元標準ズーム「RF24-105mm F4 L IS USM」です。私も EOS R6 を購入するのと同時に買ったレンズは「RF24-105mm F4 L IS USM」でした。

24mmから105mmという広角~中望遠域までを1本でカバーする本当に便利なズームレンズで、風景写真の撮影から旅行の記念撮影まで何でも撮れます。

また、軽量性と画質のバランスが良く、シャープな描写がとてもキレイです。

この記事では「RF24-105mm F4 L IS USM」の特長と実際に撮影した作例をご紹介していきます。

「RF24-105mm F4 L IS USM」の特長レビュー

RF24-105mm F4 L IS USM」の特長をご紹介します。

「RF24-105mm F4 L IS USM」は小型・軽量でありながら、ズーム領域全体で非常に優れた描写を得ることが出来る標準ズームです。

また、ナノUSMによる静粛かつ高速のAF(オートフォーカス)を実現しています。

「EF24-105mm F4L IS II USM」と比較して小型・軽量

「RF24-105mm F4 L IS USM」と「EF24-105mm F4 L IS USM」の比較PowerShot G9 X Mark II で撮影。左が「RF24-105mm F4 L IS USM」、右が「EF24-105mm F4 L IS USM」。

「RF24-105mm F4 L IS USM」は EOS R システムのショートバックフォーカスを活かして、全長約107mm、質量約700gと小型軽量と高画質を両立していることが特長です。

「EF24-105mm F4L IS II USM」と比較すると全長が約11mm短縮されています。

「RF24-105mm F4 L IS USM」と「EF24-105mm F4 L IS USM」の比較PowerShot G9 X Mark II で撮影。左が「RF24-105mm F4 L IS USM」、右が「EF24-105mm F4 L IS USM」にマウントアダプタ「EF-EOS R」を付けた状態。

「EF24-105mm F4L IS II USM」と比べて全長が小さくなっていますが、EOS R シリーズに付ける時には「EF-EOS R」などのマウントアダプタを付ける必要があり、実際に使う時には更に差が大きくなります。

レンズフードが標準で付属

RF24-105mm F4 L IS USMにレンズフードを付けた状態PowerShot G9 X Mark II で撮影。「RF24-105mm F4 L IS USM」に標準でレンズフード「EW-83N」が付属している

以前はレンズフードが付属していないこともありましたが、「RF24-105mm F4 L IS USM」には標準でレンズフード「EW-83N」が付属しています。風景写真の撮影にはレンズフードが必須なので、非常にありがたいです。

「RF24-105mm F4 L IS USM」で撮影した作例

「RF24-105mm F4 L IS USM」は広角~中望遠域までを1本でカバーでき、色々な画角・構図に対応できるので色々な写真を撮影することが出来ます。

EOS R6 に RF24-105mm F4 L IS USM をセットして撮影した作例を紹介していきます。

風景の撮影

早朝の秋吉台Canon EOS R6 + RF24-105mm F4L IS USM

自然風景の撮影をするときは、山に登ったり長距離を歩いたりします。

このレンズは幅広い撮影が出来ることと軽量コンパクトさを両立しているので風景撮影にはとても便利です。これさえ持って行けば、大抵の撮影ができるという感じです。

花のある風景

西河原緑地公園のツツジ | 山口県光市Canon EOS R6 + RF24-105mm F4L IS USM

公園で花の写真を撮影してみました。望遠側で撮影していますが、このレンズはボケ感もキレイで花のある風景を撮影するのにも使えます。

鉄道写真

CANON EOS R6 + RF24-105mm F4L IS USM

風景と組み合わせた鉄道写真を撮るときは広角~中望遠域で構図を整えることが多いですが、このレンズは幅広く対応できるので使い易いです。また、ピント合わせも速くて良い感じです。

ポートレート

山口フォトウォーク in ホテル西長門リゾートCanon EOS R6 + RF24-105mm F4L IS USM モデル: もちさん

「RF24-105mm F4 L IS USM」はポートレートの撮影にも使うことが出来ます。

こちらの作例は室内で撮影しましたが、開放絞りがF4と比較的明るいので手ブレ等もなく良い感じで撮影出来ました。

「RF24-105mm F4 L IS USM」を使った感想

「RF24-105mm F4 L IS USM」は広角~中望遠域までをカバーする標準ズームで、以下のような特長があります。

  • 風景、花、鉄道、ポートレートなど、幅広い撮影ができる
  • 軽量コンパクトと高画質を両立している
  • ピントの合焦速度も速い
  • キレイなボケや暗所撮影にも適応できる

キヤノンのミラーレス一眼用レンズの最初の1本としてお勧めです。

まとめ

「RF24-105mm F4 L IS USM」はキヤノンの EOS R シリーズのミラーレス一眼カメラを持っている人が最初に入手することが多いレンズです。

24mmから105mmという広角~中望遠域までを1本でカバーする本当に便利なズームレンズで、風景写真の撮影から旅行の記念撮影まで何でも撮れます。また、軽量性と画質のバランスが良く、シャープな描写がとてもキレイです。

岩国藩鉄砲隊初放し
EOS歴28年風景写真家のキヤノンカメラとレンズ一言レビューCanonのカメラを使い始めて20年以上。現在はEOS R6 とRF小三元ズームを使っています。この記事ではこれまで使ってきたカメラやレンズについてショートレビューを書いています。...