作品作りの道具

キヤノンのマクロレンズで魅力的な花や風景の撮影をしてみよう!

アジサイの花のアップ

こんにちは!EOSで撮る風景写真 のブログを運営しているfujiです。

マクロレンズとは?

マクロレンズは近接撮影専用に設計されたレンズになります。

一般的なレンズ等よりも被写体へ接近して拡大して撮影することが出来ます。

また、中望遠域の単焦点レンズとしても活用出来るものが多く、マクロ撮影にこだわらずポートレート撮影用等にも活用が出来ます。

キヤノンのマクロレンズによる作例紹介

白いバラ

CANON EOS 6D + EF100mm F2.8L Macro IS USM

100mmマクロで白いバラを撮影してみました。

一面を白いバラにすることで柔らかな色合いの変化を表現しています。

蕎麦の花

CANON EOS 6D + EF100mm F2.8L Macro IS USM

この作例は午前中の柔らかな光で蕎麦の花を撮ったものです。

蕎麦の花は白い花びらが印象的ですが、よく見るとピンクや黄色の鮮やかな色が良い感じです。

フラワーアレンジメント

CANON EOS 6D + EF100mm F2.8L Macro IS USM

パステルカラーのフラワーアレンジメント。

100mmマクロは中望遠レンズとしても活用出来ます。

シャープな写りとキレイなボケが最高です!

キヤノンのおすすめマクロレンズ

私が使っているキヤノンのものを中心におすすめの広角ズームレンズをご紹介します。

広角ズームレンズですが、フルサイズのセンサーを搭載したカメラに対応したRFレンズまたはEFレンズをおすすめです。

また、EF-Mレンズでも十分に楽しむことができます。

カメラレンズ
風景写真撮影におすすめのCanon交換レンズの選択ガイド風景写真を撮影するのにおすすめのCanonの一眼レフカメラ交換レンズについて標準ズーム、望遠ズーム、広角ズーム、単焦点レンズ、マクロレンズ、超望遠レンズなどの解説をしています。...