作品作りの道具

キヤノンの広角ズーム RF14-35mm F4 L IS USM

RF14-35mm F4L IS USMCanon EOS R6 + RF24-105mm F4L IS USM

こんにちは!EOSで撮る風景写真 のブログを運営しているfujiです。

キヤノンの EOS R シリーズのミラーレス一眼カメラを持っている人が撮影の幅を広げたい時にオススメしたいレンズがRF小三元望遠ズーム「RF14-35mm F4 L IS USM」です。

14mmから35mmという超広角~広角域をカバーするズームレンズで、パースを活かした個性的な写真が撮影出来ます。

この記事では「RF14-35mm F4 L IS USM」の特長をご紹介していきます。

「RF14-35mm F4 L IS USM」の特長レビュー

「RF14-35mm F4 L IS USM」の特長をご紹介します。

「RF14-35mm F4 L IS USM」は広角端が14mmと超広角と言ってよい領域にまで画角を広げることが出来る広角ズームレンズで、ズーム領域全体で非常に優れた描写を得ることが出来ます。

私がこれまで使って来た「EF17-40mm F4L IS USM」と比べると、ややサイズアップしていますが、EF16-35mm F4L IS USM等と比べると13mm程度の小型化になっています。

「RF14-35mm F4 L IS USM」と「EF17-40mm F4 L IS USM」の比較Canon EOS R6 + RF24-105mm F4L IS USM

広角端が17mmあるいは16mmだったEFレンズの小三元ズームから、広角端14mmまで広がっており、超広角領域まで撮影できるようになっており、よりパースを強調した写真表現が可能になっています。

また、最短撮影距離が0.2mとなっており、より迫力のある写真撮影に対応できるようになっているレンズです。

「RF14-35mm F4 L IS USM」で撮影した作例

Canon EOS R6 + RF14-35mm F4L IS USM

雨の中で手持ち撮影してみましたが、強力な手振れ補正によりキレイに撮影をすることが出来ます。

レンズ単体で5.5段、EOS R6との組み合わせでは協調制御により最大7.0段分の手ぶれ補正効果があり、手持ちでの撮影に挑戦出来る領域が大きく広がっています。

まとめ

「RF14-35mm F4 L IS USM」はキヤノンの EOS R シリーズのミラーレス一眼カメラを持っている人には是非オススメしたい広角ズームレンズです。

「RF14-35mm F4 L IS USM」は広角端が14mmと超広角と言ってよい領域にまで画角を広げることが出来る広角ズームレンズで、ズーム領域全体で非常に優れた描写を得ることが出来ます。また、最短撮影距離が0.2mと短く、より迫力のある写真撮影に対応できるようになっているレンズです。

岩国藩鉄砲隊初放し
風景写真愛好家によるキヤノンレンズとカメラの一言レビューCanonのカメラを使い始めて20年以上。これまで使ってきたカメラやレンズについてショートレビューを書いています。l...