お城巡りの旅

北陸地方唯一の現存12天守閣「丸岡城」

北陸地方唯一の現存12天守閣「丸岡城」

丸岡城は、福井県の北部、坂井市丸岡町の中心部の丘にあります。

現存12天主のうちの一つで、日本最古の天守閣が残っており、国指定重要文化財に指定されています。

越前の国は、北陸地方平定の恩賞として、織田信長から柴田勝家に与えられました。

丸岡城は、天正四年(1576)に柴田勝家の甥、柴田勝豊によって築かれたとされています。

江戸時代には、有馬家等に領有されながら明治維新を迎えました。

現在では堀を埋められ、天守閣と一部の石垣が残され公園になっています。

昭和9年に国宝指定されたものの、福井大震災で倒壊し、昭和25年に重要文化財に指定され、昭和30年に再建・修復されています。

天守閣の中を見学すると、作りがシンプルでざっくりした感じがして他の現存天主に比べて古くからあるのだろうなという実感がありました。