お城巡りの旅

北の庄城

柴田勝家公 | 北の庄城跡

都市としての福井市の基礎は、柴田勝家が北の庄城及びその城下町を整備したことに始まっています。

柴田勝家は織田信長背下の武将で一本気なイメージがあります。

信長の死後、羽柴秀吉と賎ヶ嶽の合戦で戦い敗走、北の庄城で自害しました。

北の庄城跡の石
北の庄城は、福井城築城に際し、取り壊されてしまい伝承でのみ伝えられてきました。

天守閣は柴田神社のある辺りにあったとされています。

発掘調査により、福井城と重なる形で北の庄城の遺構も存在が確認されていま。

石垣等は破壊され、福井城に再利用されてしまったと思われますが、北の庄城址公園で一部を見ることが出来ます。